イソフラボン画像

大豆に含まれるイソフラボン

タイトルにも含まれていますが、イソフラボンと聞いてすぐにピンとくるのは、大豆だと思います。
まず、体での働きから書いてみたいと思います。
イソフラボンは、女性ホルモンと似た化学構造をしていると言われています。
そのため、善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを下げる働きがあり、血中のコレステロールを正常に保つ効能があるとされています。
また、抗酸化作用があるため、血管壁の酸化をを防止し、動脈硬化や脳卒中、心筋梗塞といったの血管壁のつまりからおこる生活習慣病の予防にも役立つとされています。
また、その他にも骨の代謝にも影響しており、骨のカルシウムが血液中に溶け出すのを抑える働きがあるため、骨の強度や骨密度を守る働きがあり、骨そしょう症の予防にも役立つと言われています。
上記にも記入しました、女性ホルモンと似た構造をしているため、女性ホルモンの減少が著しくなる更年期の方や閉経を迎えられた方は、積極的に摂取することをおすすめします。
また、健康効果として考えられているのは、肌や髪の潤いを保つということがあり、化粧品などにも幅広く使われているようです。
癌になるリスクを考慮し、予防することや保険に加入することは大切です。
保険料支払が免除になる学資保険もよろしければご覧ください。
その他にも、女性の乳がんや男性の前立腺がんのリスクを軽減するということも言われているようです。
それでは、次に実際にどのくらい摂取したら良いのか、どんなものを摂取したら良いのか記入して見たいと思います。
やはり、まず初めに思いつくのが大豆製品だと思います。
そこで、大豆製品に含まれるイソフラボンの含有量をいくつか上げてみたいと思います。
大豆飲料125mlあたり69mg、納豆1パックあたり65mg、豆腐半丁あたり55mg、煮豆50gあたり30mgと言われています。
1日の目標量は50mgと言われていますので、1日に1回上記のものを食事に取り入れられると良いと思います。
しかし、現在の食生活が欧米化傾向にあり、1日の摂取量が18mgと大変減少しているようです。
また、最近はサプリメントで摂取を心がけていらっしゃる方も多いと思いますが、1日の目標量よりも過剰に摂取しても少量であれば対外に排出されるので問題はないと思いますが、5gや10gといったあまりの過剰摂取はやはり体にはよくないと思いますので、節度をもった摂取を心がけてほしいと思います。
イソフラボンの過剰摂取による問題は女性にとって深刻な被害が出る可能性もありますので、気をつけていただきたいです。

やはり過剰摂取に陥らないためにも、サプリメントで摂取するよりも、食品に含まれる天然のものから摂取するように意識が大事だと思います。
イソフラボンは、女性に嬉しい栄養素であることを知っていたき、毎日の生活に取り入れてほしいと思います。
こちらwww.infomercialratings.comも、おすすめの解説サイトです。是非ご覧ください。

Copyright(c) 2013 ダイズ.com All Rights Reserved.