イソフラボン画像

女性ホルモンの代わりのイソフラボン

女性は、思春期へ向けての体作りとして初潮を迎えるものですが、それと共に女性としての体作りを行う為の女性ホルモンが活発に作られ始めます。
女性ホルモンは、出産を始め、メリハリのある曲線美などを作り上げる為に必要とされるものでもあり、丈夫な骨を形成させる事や、余分な食欲を抑える為の脳の働きを促進させる事も同時に行っています。
出産後の体調不良にイソフラボンが良いと言われています。
また、自律神経とは深いかかわりを持ち、女性ホルモンがアンバランスをきたす事で、ストレスが溜まり易くなってしまったり、鬱の症状を起こす原因にもなります。
このように、女性の体にとって重要な働きを行う女性ホルモンは、30代後半を迎えるとともに一気に減少し始めます。
その為に、食欲が旺盛に成ってしまい太り易くなったり、骨粗鬆症を起こす事も珍しくないものです。
それは全ての女性が避ける事の出来ない閉経期に突入する準備とも言えます。
閉経を迎えるにあたって、著しく減少するのがエストロゲンで、その為に自律神経が乱れ、イライラや不眠の状態を起こし易く、何に対しても不安感が襲うような更年期症状に陥る人もいます。
減少してしまった女性ホルモンの代わりに働く栄養素を補給する事が、女性の健康や美しさを守ることになります。
年齢と共に減少してしまった女性ホルモンのエストロゲンの代わりに働く事が出来るのが、大豆に含まれているイソフラボンと言う成分で、イソフラボンはエストロゲンの構造ととても類似している事で知られてます。
大豆イソフラボンは、加齢とともに衰えがちな代謝機能を高める事が出来る成分でもあり、成人病の引き金となりがちな悪玉コレステロールを減少させたり、中性脂肪を減らす事で、肥満を予防する事も出来ますし、血圧を低下させる働きがある事から、脳梗塞や心筋梗塞の原因になり易い高血圧の改善にも役立つ物です。
また、イソフラボンの優秀な点は、エストロゲンの不足時には、その働きを補い、過剰分泌が起こっている場合には、抑制させる効果がある点です。
近年日本女性にも発病者が増えている乳がんは、エストロゲンの異常分泌が一つの原因とされていますので、エストロゲンの分泌をコントロールできる点は、乳癌にかかるリスクを低下させる事につながり易いものです。
昔に比べて乳がんにかかる女性が増加しているのは、和食が中心であった時代に比べて、大豆食品の摂取が不足している事があげられるものでもあります。
食事で補えない場合には、カロリーも控えられている大豆の栄養を豊富に使ったサプリメントや高麗人参を使ったサプリメントhttp://xn--gmq95jgyynf6avmmojf.net/の利用を心がける事も効果的です。
こちらのサイトhttp://xn--eck7bvd2a5dzc.name/にも、効果や効能についての詳しい解説があります。ご覧になってみてください。

Copyright(c) 2013 ダイズ.com All Rights Reserved.