イソフラボン画像

イソフラボンやポリフェノールで健康

イソフラボンは大豆に多く含まれる成分で女性ホルモンの一種であるエストロゲンに近い性質を持っています。
よって摂取の仕方によって体質改善の効果やがんなどの予防効果が期待されています。
育毛剤としても期待できるみたいです。真剣に育毛効果を求めている人は、専門の育毛剤ランキングの男性用サイトなどを参考にした方が良いかもしれません。
育毛剤に頼らずに、普通の食事から大豆を取るにはどのようにするのが効率が良いのでしょうか。
日本ではしょうゆや味噌、豆腐や納豆など大豆を使った食品が多く存在します。
いつの間にかせっしゅしているということもあるのですが、意識して取るのであれば茹でた大豆を使ったサラダなどを作ると良いでしょう。
ひじきとあわせた煮豆などもミネラル分をバランスよく摂取できて栄養学的に優れています。
洋風が好きな方は豚肉と一緒にトマト風味で煮込んでポークビーンズなどにしてもパンと一緒に食べておいしい大豆料理が出来上がります。
大豆は昔から畑の肉と呼ばれるほどたんぱく質が多いのでイソフラボン目当てでなくとも、ベジタリアンのためのたんぱく質メニューとして代用肉の材料に使われるほどです。
豆乳などを適当な素材で割って飲みやすくしたものもイソフラボンの摂取には手軽でシンプルなやり方としてお勧めできます。
混ぜるものを変えるだけで目先が変わって飽きづらいというのも長く続けやすい利点の一つです。
イソフラボンについて書きましたが、これは大豆ポリフェノールと呼ばれるものでポリフェノールという成分の一種です。
ポリフェノールとは植物成分の一種で主に抗酸化物質など健康に良い成分として出てくるものをさすことが多いです。
大豆などもそうですが、ワインなどの赤ぶどうの皮に含まれるアントシアニンのおかげで欧州における肉やチーズの多大な摂取量にもかかわらず健康にいられるというデータがあります。
心臓病や動脈硬化、心筋梗塞また、脳梗塞など致命的な疾患のリスクを軽減するというデータが出ています。
日本茶などに多く含まれているカテキンという成分は殺菌作用が強く風邪などの予防に良いとされています。
タンニンという渋味を感じる成分も同様に殺菌する作用が強く、また古くから革をなめす際に使われるなど生活に多く関わっています。
アルコールを含まず日本人にもっとも飲まれているポリフェノール飲料はコーヒーだそうです。
コーヒーは近年ノンアルコールで摂取できる飲料だとして研究対象になっているようです。
現在では、たんぱく質、炭水化物、脂肪、カルシウム、ビタミン、ミネラルなどにつぐ重要な栄養素であるとして注目されるようになりました。
こちらのサイトにある、飲み物からイソフラボンを摂取するのページも、とても参考になります。

Copyright(c) 2013 ダイズ.com All Rights Reserved.